美術教育専修 - 奈良教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站_乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站

美術教育専修 教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站

乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站基金
大 学
基 金
奈良教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
研究シーズ集
研 究
シ ー
ズ 集
研究シーズ集
乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站?乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站院
専修の活動

小?中学校における児童、生徒の成長?発達を捉えた指導?支援をするとともに、造形的な力(表現力、鑑賞力)を着実に育むことのできる教員を養成します。

学びのポイント

  • 1 .自らの表現力や鑑賞力を磨き、子どもの表現と鑑賞力を導く力量を培う

     学校における児童?生徒の成長?発達を捉えられるように、美術教育専修科目を核としながらも、教育学科目、心理学科目、特別支援教育科目、他教科専修科目などと関連づけて学びます。

  • 2 .子どもとふれあい、地域とつながる

    (1)地元奈良の伝統文化や文化遺産に刺激を受けながら、自らの造形的な力量形成を行い、子どもの造形的な力(表現力、鑑賞力)を育成するための内容と方法を学びます。(2)教育実習、乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站祭での活動「造形ひろば」、乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站ートなどを通して、子ども とふれあう体験を積み、対応力を学びます。(3)図画工作?美術教育の学修を通して、広く現代社会の現状や課題に関心をもち、社会に貢献する姿勢を学びます

  • 3 .研修行事や卒業研究/制作発表展などの活動を通して、企画力や運営力を培う

    学生が主体的に動く活動として、専修メンバー全体が参加する研修行事、学外施設での青丹彩展、卒業研究/制作発表展、地域の子どもたちに向けた乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站祭での「造形ひろば」などの活動があります。これらの活動を通して、企画力や集団を動かす力を養います。

学びの領域

子どもを知り、教科内容のあり方を学ぶ3つの領域

 平面?立体?教科教育の3領域から構成されるカリキュラム。2年次までに各領域の基礎を学び、3年次以降は各自が専門領域に選んだ研究室で学びを深め、その成果を卒業論文?卒業制作にまとめます。

美術教育専修の授業スケジュール

  MON TUE WED THU FRI 集中講義
1?2時限   初等教科教育法(生活) 生徒指導?キャリア教育     絵画I
3?4時限   先端科学の基II礎概念 病弱児の医学と心理 教育経営行政論 外国語コミュニケーション(英語) 学習指導と学校図書館
5?6時限

教育方法論

学校経営と学校図書館   彫刻I 初等教科教育法(算数)  
7?8時限 体育実技II 中等教科教育法I(美術)   西洋美術史I 工芸III  
9?10時限       美術概論 デザインIII  

2回生前期の一例(小学校、中高の美術、特別支援免許を取得予定)

  • 工芸I-IV

     土という素材の基本的な扱い方、「土の表情」の発見と応用、実用品の制作での留意点の把握、石膏型を使った陶磁器作りなどを通じて陶芸表現分野の特質や魅力を追究します。ひも作り、たたら作り、釉薬、焼き味、型からの成形などを学びます。

  • 彩画?絵画I-III

    様々な画材を使用して絵画表現を追究し、教科内容の専門性を高めます。

主な開講科目

保育内容の指導法(造形表現)/初等教科教育法(図画工作)/中等教科教育法I-IV(美術)/デザインI(映像メディア表現を含む。)/デザインII-III/デッサンI-II/彩画/絵画I-III/彫刻I-III/実材/工芸I-IV/アジアの中の日本美術史

授業の詳細はシラバスからご覧いただけます。「教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站 シラバス」から科目名を検索のうえ、ご覧ください。

~教員による授業紹介コラム~

「中等教科教育法III(美術)」宇田 秀士 先生 (奈良教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站Knowledge 授業コラム2022年掲載)

主に美術教育専修3回生が受講する、中学校?高等学校(美術)免許取得必須科目「中等教科教育法III(美術)」についてご紹介します。

 1.jpg 4.jpg


在学生の声

「触れて感じる楽しさ?作る楽しさを伝えたい」美術教育専修4回生 植野里彩さん 高垣有貴さん 正井臨さん 米田拓希さん

 美術教育専修では、小?中高校(美術)の先生になるために、美術史や教科教育法などの理論的な授業のほか、絵画、デザイン、工芸、彫刻など様々な実技の授業を学ぶことができます。

 また、他教科の免許、幼稚園?特別支援学校?学芸員の資格も取得することが可能な場合があります。さらに専修独自の行事である、青丹彩(あおにさい)展や卒業?修了展覧会などの作品展、奈良県曽爾村立曽爾小中学校を訪問しての図画工作科授業実践などを行っています。少人数なので1回生から4回生の乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站生から院生、先生方も参加し、同期?先輩?後輩と協力し親睦を深めながら活動しています。

 図画工作?美術が好きな方、また美術の楽しさを子どもたちに伝えたい!という方は、ぜひ美術教育専修へ!専修一同、お待ちしています!

教育実習体験記

教育実習体験記はこちら 

学生による美術教育専修PR動画

2022年度作成(※所属や内容は作成当時のものです。)

取得できる免許状、卒業後の進路

取得できる免許状

?〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等
?〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(美術) 等

美術教育専修の卒業生の教員免許状の取得実績はこちら

卒業後の主な進路

 小学校教諭、中学校美術科、高校美術科教諭が主な進路です。その他、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、保育士、高校や乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站の講師、公務員、デザイン関連会社、工房、芸能などの場で活躍しています。

教員採用試験合格体験談はこちら 

教員および専門分野

教員の研究?研究室の紹介

教員の研究内容や研究室などについて、広報誌等で紹介した記事をご覧ください。※所属および記事の内容は、作成当時のものです。

教員の研究内容をもっと知りたい方は、下記表の教員氏名をクリックし、教員個人ページ内の「研究シーズ」をご覧ください。また、「研究シーズ」一覧からもご覧いただけます。「研究シーズ」とは教員の研究内容をA4一枚にまとめたものです。(WEBからお読みいただけます)
奈良教育乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站 乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站教員「研究シーズ」一覧はこちら

宇田 秀士 教授 Hideshi UDA

専門分野:美術科教育?図画工作
担当研究室:美術科教育宇田研究室

教員からのメッセージ

中学校教員になるならお任せ下さい。
公立中、乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站附属中での10年の教員経験を活かして、授業や研究室での指導をします。
美術のもつパワーは、子どもたちに大きな力を与えることができると考えています。そして、乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站時代に美術と教育を学ぶことは皆さん自身をも変化させてくれるはずです。専門の力と子ども理解の力をあわせて、一緒に学校そのものを変えていきましょう。


竹内 晋平 教授 Shinpei TAKEUCHI

専門分野:美術科教育?図画工作
担当研究室:美術科教育竹内研究室

教員からのメッセージ

小学校教員になるならお任せ下さい。公立小、乐竞体育_乐竞体育app下载-官方网站附属小での13年の教員経験を活かして、授業や研究室での指導をします。
?ものづくり?に関心がある人、美術や文化財に興味がある人、大歓迎です。自身の好きな分野を教えることで子どもが成長してくれれば、こんなに嬉しいことはありません。美術に関する実技や研究を通して、これからの教育について一緒に学んでみませんか。


原山 健一 教授 Kenichii HARAYAMA

専門分野:工芸(陶芸)
担当研究室:工芸研究室

教員からのメッセージ

工芸を中心とした授業や研究室での指導を担当しています。
陶芸をはじめ、長い歴史を持つ工芸は、ものづくりの「原点」とも言えます。技術を習得して、自分の思い通りに作品を作り出す面白さは、一生を通じて楽しめるものです。土の扱い方や、1,200℃を超える窯で作品を焼く事など、学ぶ事が多くありますが、身につけた技術は卒業した後、教育者としても表現者としても、あなたの役に立つものとなるでしょう。


樋口 健介 准教授 Kensuke Higuchi

専門分野:絵画
担当研究室:絵画研究室

教員からのメッセージ

絵画を中心とした授業や研究室での指導を担当しています。
古くから人類が行ってきた「描く」という行為の意味を、自らが描き表現しながら考えていきます。それを研究室のメンバーで共有し合いながら、多様な絵画のあり方を探求します。そして、自分なりの言葉で語れることを目指します。それは作ることの面白さの探求につながり、面白い美術を子どもたちへ届ける力につながると考えています。
また絵画と並行して、さまざまな人がものづくりを楽しめるワークショップの開発?研究を行っています。最近では視覚に障害がある方と一緒に活動したり、廃材を活用したワークショップも開催しています。